2016年7月28日木曜日

よくあるご質問

アーサナ(ポーズ)を始めるにあたって
基本的な質問の回答をご紹介します。

*食事について
食後直ぐは適しません。2時間くらい過ぎてからおこないましょう。
最も適する時間帯は起床してすぐ 朝食の前がベストです。
次に就寝前が良い、とされています。 なかなか現実的には
時間設定が難しいですね。
受講されるときは、 ご自分で、食事時間との兼ね合い、量など調整し、
レッスンに備えてください。


*入浴
アーサナ前後の入浴は、血行が良くなっているので体に負担がかかります。
特に入浴後は、1時間以上経ってから行ずるようにしましょう。
ぬるめのシャワーは大丈夫です。


*呼吸
呼吸はすべて鼻で行います。鼻は呼吸器官ですが、口は消化器官です。
鼻には外気を取り入れる際のフィルターとなる鼻毛や粘膜があり、私たちの
体の自己防衛が働きますが、口からの呼気は、無防備に外気を取り入れてしまします。
普段から鼻呼吸を心掛けましょう。


お問い合わせは
studiovayu21@gmail.com

2016年7月23日土曜日

インスタントリラクゼーションテクニック

インスタントリラクゼーションって?

人はいつも緊張して生活をしていますので、
リラックスするには、一旦ギュッと緊張して緩める必要があるのです。

仰向けになって、楽な姿勢から
次第に深く長い呼吸にします、
吐く息を意識して呼吸を続けます。

吐いて、吐いて、緩めて吸って・・・。

息を止めて、
つま先から足の甲、足の裏、足首、ふくらはぎ、膝、太もも・・・と
力を入れてゆきます。
ここで少しだけ息を吐いて、
下腹、腰、背中、
息を大きく吸って、
肩、首、顔、頭を緊張して、
もっと緊張させて、

一気に息を吐きます。

身体の力が抜けたことを感じます。
溶けてゆくような感覚が全身を包みます。

身体全体、心全体でリラックス。

身体の緊張がとれると、心も穏やかな本来の状態になります。

そして、いよいよ
アーサナ(ポーズ)が始まります。

「はい、両手両足揃えて・・・・・。」

続きはスタジオでどうぞ。


お問い合わせは
studiovayu21@gmail.com
TEL:099-298-5656

2016年7月17日日曜日

“いい加減”

私達は、小さい頃から
「人に迷惑をかけないように」
とか
「頑張って」
そういうふうに教わってきたので
つい頑張り過ぎてしまうのかもしれません。

頑張る事は大切なこと、
とても価値のあることです。
ですが、
頑張りすぎると
パンクしてしまいそうですね。


インドの素敵な言葉見つけました。
『あなたも、人に迷惑をかけて生きて行くの、だから人からかけられた迷惑も許してあげましょう。』
小さい頃からそう教えるらしいです。

素敵ですね。

時には、人の優しさも借りながら、
“いい加減”
なところに留めておく、
それも必要な事かもしれませんね。

そうそう
スタジオでアーサナ(ポーズ)を行う時も、
100%頑張らずに、少し力を抜くくらいがベストです。
そうすると
身体に起きる変化がよく感じられます。


お問い合わせは
studiovayu21@gmail.com
TEL:099-298-5656

2016年7月10日日曜日

3連休のレッスンは

7月16日(土) 7月17日(日)は
通常の土曜・日曜のスケジュールです。

7月18日(月曜日)は祝日ですので、
  7:00~7:45  朝ヨガ
17:00~18:00 ヒーリング 
日曜日と同じスケジュールになります。
どうぞ、お間違えなく・・・。


この時期、湿気が多く、暑さも加わり、
体調が変わりやすいですね。
身体が、怠く、重く感じられます。

そんな時、自宅で簡単に出来るアーサナ
ご紹介。

仰向けになり、
息を吸いながら右足を垂直に上げます。
自然呼吸で5つ保ちます。
(自然に鼻で呼吸しながら5つ数える)
5つ保ったら吐きながら、ゆっくり床に戻します。
ふっと脱力を感じて、同様に左足も。
次に、
吸いながら右手を頭の後ろの床まで伸ばして、
5つ保ちます。
吐きながらゆっくり床に戻します。
左手も同様に。

さらに、
両足・両手・両足両手同時に、とおこないます。

呼吸に合わせてゆっくりと・・。

1つ動作が終わる毎に、フッと脱力を感じます。
眼を閉じて、呼吸を感じながらおこなうと、さらに効果的。

しばし、身体と心がホッとします。

サハズアーサナ
お奨めです。

お忙しい方 、ご自宅で是非お試し下さい。

スタジオでは、始まりの時間に、
時々おこなっています。

お時間が出来ましたら、
ホッとするひとときを、
スタジオにて、是非ご体験ください。

お待ちしています。


お問い合わせは
studiovayu21@gmail.com
TEL:099-298-5656

2016年7月5日火曜日

客観視

客観視
『キャッ・カン・シ』
なんて硬い響きでしょう。
とっつきにくい言葉・・・。

ヨガの勉強をしていると、
よく登場するワード。

いやがおうでも、
頭の片隅にあるこの言葉。

『キャッ・カン・シ』

例えば、
行動を起こす時、
今、何が一番大切か見極める事は、
心がしなやかでなければ出来ないことです。

ガチガチに偏った心でいると、
眼の前の景色ばかりに捉われて、
見えるものも見えないかもしれません。

今の私を “第三者” として観る、
優先順位をつけて、取捨選択し、
冷静に判断する。

なんとも、難しいですね。

スタジオでアーサナを行う時も、
自分自身の今日の調子は良く観察しましょう。
身体の各部分の状態をじっくり観察し、
無理をしないで自分に応じた動きを行う、

そして
コントロールする。

これも客観視のひとつですね。

目指すところです。


お問い合わせは
studiovayu21@gmail.com